スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説:白夜行

ブログには書けませんでしたが、けっこう本を読んでいます。
少しづつでもアップしていきます。。




東野圭吾さんの作品は、加賀恭一郎シリーズ、ガリレオシリーズ中心で読んでますが、
この作品が断トツで面白かった。
800ページ超えの分厚さながら、謎が生まれては消え、また産まれるという展開に
読み進める手は止まりませんでした。

様々な登場人物の目線から語られ、徐々に真実が明らかになってくる。
少しずつ真相の断片が語られるので、謎が生まれては解け、
そこからさらに謎が生まれるという展開に目が離せなかったですね。

容疑者となる人物の感情は入らないため、
容疑者たちの心が悲しみでいっぱいなのか、冷たい感情なのか、それとも感情など持ち合わせていないのか、、
そういった想像が作品の幅を広げていると思いますね。

面白かったです。


↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

washbook

Author:washbook
IT関係の仕事に就くビジネスマン(?)です。
どうぞよろしくです。
お気軽にコメント残してくださいね!

このブログについて
相互リンクについて

ブログランキング

ブログランキングに参加してます!良かったらクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

最近の記事

カテゴリー

リンク

お勧め品

お勧めの品を紹介します!!

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

人気ページランキング

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

最近のトラックバック

サイトリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。