スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌:日経ビジネス 2012/1/23号

引き続き、日経ビジネスで、2012/1/23号。

永守さんの連載、第3回のテーマは「安さという価値創り」です。

○まとめ
「①財務価値を上げる」「②人材価値」の次は、
「顧客にとっての価値」向上を図ることが重要になります。

例えば、技術開発やモノ作り革新を通じて、より安い製品、
製品を新興国に提供できるようにする、などがあります。

今、日本企業が強さを取り戻すために必要なことは、
最も優先度が高いものの1つが新興国戦略の作り直しです。

電機の商品では、2000年頃は数量ベースで80%がハイエンド、
20%がミドル以下の製品だった。
しかし、2010年には60%がミドル以下、2015年には80%に達するというのです。
自動車市場では2013年には販売台数に占める割合が、新興国が先進国を上回ると見られている。


新興国で通用する価値を作るには、3つのポイントがある。
①開発とモノ作りの思想改革。新興国で勝つには逆転の発想、今までの勝ちパターンにはこだわらない
②人材の生かし方。「古い技術者ほど大事」にし、技術のt姉をできるだけ多く持っておく
③ビジネスモデルを変えること→シェアを徹底的に重視すること

古い技術を生かし、改めてシェアを何より重視する戦略に換えることも
またビジネスモデルの転換でしょう。
しかし、時代は今、それを求めているのだと思っています。


○所感
今回は顧客にとっての価値向上として、
その中でも重視している新興国攻略について語られています。

うちの会社はシステム屋なので、若干遅れてグローバル化を迫られると
思っています。(消費者が対象でないため)

その際の考え方、例えば、「古い技術者を生かす」という点なんかは、
一考に値しますね。システムの場合、陳腐化した技術を使っても
必ずしもコストが下がるわけではないことが悩ましいですね。。



↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【雑誌:日経ビジネス 2012/1/23号】

引き続き、日経ビジネスで、2012/1/23号。永守さんの連載、第3回のテーマは「安さという価値創り」です。○まとめ「①財務価値を上げる」「②人材価値」の次は、「顧客にとっての価値」向上を図ることが重要になります。例えば、技術開発やモノ作り革新を通じて、より安?...

 | BLOG TOP | 

プロフィール

washbook

Author:washbook
IT関係の仕事に就くビジネスマン(?)です。
どうぞよろしくです。
お気軽にコメント残してくださいね!

このブログについて
相互リンクについて

ブログランキング

ブログランキングに参加してます!良かったらクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

最近の記事

カテゴリー

リンク

お勧め品

お勧めの品を紹介します!!

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

人気ページランキング

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

最近のトラックバック

サイトリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。