FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌:日経ビジネス 2012/1/9新春号

近々、引越しをしようかと想いまして、
家に貯まってた雑誌を整理中です。。
まだまだ、たくさんある。。

だいぶ前の日経ビジネスを引っ張りだして、
捨てる前にタメになるとこを軽く流し読みしてます。


目をつけたのは日経ビジネス 2012/1/9号。
年初ということで「2012年 世界を読む指標100」という特集です。

ですが、僕が目をつけたのは特集ではなく
この号から始まった「永守重信の経営教室」という連載です。

永守さんはご存知の通り、日本電産の社長さんですね。


第1回の本号のテーマは「何としても利益を上げる」です。

まず第1回では、「経営は価値創造の輪を作ること」として、
 ①財務価値を上げる
 ②人材価値を上げる
 ③顧客にとっての価値を上げる
 ④市場価値を上げる
という経営概念図が挙げられています。

その第1歩が「何としても利益を上げること」、
それが成長の第一歩だと説きます。
それが上の「①財務価値を上げる」に当たります。

①の過程で社員の意識(コスト、利益)や士気が高まり、
人材価値の向上(②)となります。

財務価値、人材価値の向上は、顧客にとっての価値(③)が上がり、
市場価値(④)も上がります。

この①~④を価値創造の循環が次の利益をもたらし、
この輪を切らないためにも、さらに利益の積み上げが必要になります。


第1回では、この①に焦点が当てられています。

そこでは、日本電産の取組みとして、
Kプロ(コスト削減プロジェクト)とMプロ(仕入れコスト削減プロジェクト)が
紹介されています。

Kプロは、コスト削減のため、
オフィスのレイアウトや事務費、交通費等の徹底した見直しがされています。

Mプロでは、調達先の絞り込みやより低い価格の調達先に切り替えるなど、
調達や設計・生産方法の見直しにより徹底した調達改革が行われています。

永守さんは、これらのコスト削減は、その無駄がなぜ見過ごされたのか、
原因を見つけ、経営を変えることがもう1つの大事な意味だと考えられているそうです。


そして、もうひとつ、
潜在力がある企業でも生かせない企業の問題は8割方、経営の責任で
「企業グループの問題」、「系列取引の問題」、「内製による甘えの問題」に
突き当たるそうです。


何気なく読んだ連載でしたが、耳の痛いこと、大事な考え方、
それらが多く詰まっていました・・



↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【雑誌:日経ビジネス 2012/1/9新春号】

近々、引越しをしようかと想いまして、家に貯まってた雑誌を整理中です。。まだまだ、たくさんある。。だいぶ前の日経ビジネスを引っ張りだして、捨てる前にタメになるとこを軽く流し読みしてます。目をつけたのは日経ビジネス 2012/1/9号。年初ということで「2012年 世界...

 | BLOG TOP | 

プロフィール

washbook

Author:washbook
IT関係の仕事に就くビジネスマン(?)です。
どうぞよろしくです。
お気軽にコメント残してくださいね!

このブログについて
相互リンクについて

ブログランキング

ブログランキングに参加してます!良かったらクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

最近の記事

カテゴリー

リンク

お勧め品

お勧めの品を紹介します!!

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

人気ページランキング

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

最近のトラックバック

サイトリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。