スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説:嘘をもうひとつだけ ~東野圭吾~

加賀恭一郎シリーズの短編集です。



加賀恭一郎が5つの事件に挑みます。

このシリーズの1個前の「どちらかが彼女を殺した」は
凝った作風だったのに対して、すごくシンプルな作品でした。

どの事件も加賀恭一郎の推理が冴えていてカッコ良かったですね^^

ただ、少し残念なのは、短編だっただけに
加賀のキャラクターが少し弱かった気がします。

他作の感想にも書きましたが、東野さんの作品って
登場人物の感情の起伏が少ないので加賀のキャラクターがあんまり
出てこなかったのが残念でした。。
加賀の実直で、正義感の強いとこが好きなので、
もっとそういったところが出る作品だと良いな、と思いました^^;

でもそれぞれの話はやっぱり面白かったですよ。
次の話はさらに期待したいところです^^


↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

washbook

Author:washbook
IT関係の仕事に就くビジネスマン(?)です。
どうぞよろしくです。
お気軽にコメント残してくださいね!

このブログについて
相互リンクについて

ブログランキング

ブログランキングに参加してます!良かったらクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

最近の記事

カテゴリー

リンク

お勧め品

お勧めの品を紹介します!!

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

人気ページランキング

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

最近のトラックバック

サイトリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。