スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍:日経1年生!

引き続き、経済のお勉強。まだまだ入門レベルです。。
2007年の書籍なので、少し話題が古いです。



【目的】
・経済の基礎を理解する。まずは簡単なところから。
・日経の情報を正確に理解できるよう経済の基礎を知る

【目次】
Chapter1 日経の西川さん教えて!
  【株って?上場って?】
  【身近なところにある経済問題】
  【政治と経済の関係は?】
Chapter2 社会科見学スペシャル!東証へ行こう!
Chapter3 これならわかる!日本経済新聞の「日経1年生!」的読み方

【ポイントメモ】(約1200文字)
①上場について
会社が上場するメリットとしては、「資金調達が容易になる」、
「増資できる」、「信用を得られる」


②ブルドックソースの買収防衛策
ブルドックソースは「買収防衛策」を決めた。
防衛策として、株主に「株を買う予約権を1株につき3つあげましょう」
という約束をします。それでスティール・パートナーズに買い占められそうになったら、
この防衛策を発動する。そして、スティール・パートナーズに対しては、
「非適格者」として予約権を行使できないようにした。


③共同持株会社のメリット
伊勢丹と三越が経営統合するという記事があったが、
経営統合して共同持株会社になると、バイイングパワーや
運送費の合理化、人員の合理化ができる。

デパートの場合は、立地条件のいいところもあり、不動産の価値が非常に高い。
そのため、ファンドがデパートを買収し不動産を手に入れ、高く売ろうと考える。
そうなる前に会社自体を大きくしてしまって、買い占められないよう、
防衛的な意味合いも非常に大きい。


④食べ物の値上げの原因
ポイントは3つ
 ・石油の値段が上がっている
 ・穀物の値上がり
 ・人件費が上がっていること

穀物の値上がりの原因は主に以下の3つ
 ・穀物の消費が増えている
 ・バイオ燃料
 ・投機マネー


⑤消費者物価指数
消費レベルで物価がどれくらい上がっているのかを示す指標です。


⑥美人コンテスト理論
経営学者 ケインズが提唱した。
自分の判断よりも、みんながどう思うか。株の話でいうと、
これから景気がどうなるとか、みんなが今株を買う気分なんだろうかとか、
そういう自分の判断とは別の、客観的データや状況を見て動くということ。


⑦G7とG8
G8では、各国の代表、首相や大統領が出てくる。
G7では、財務相、それと中央銀行総裁が出てくる。

⑧押し目買い
株価が安くなったら買おうという人。


⑨日経の読み方
新聞記事は逆三角形を意識する。
見出しがあって、リード(4~8行の短い文章)があって、本文がある。

記事を構成するポイントは3つ。事実、背景、今後です。
事実から始まって、「その事件はなぜ起こったのか」などの背景の説明、
そして今後の展望が伝わるような文章になっている。
この記事はここまでで十分というのは、背景までで判断する。
業界では何が起きてるか、なぜこの商品が売れているか、などの背景が
漠然と残ればよい。

初心者にお勧めしたいのは、日経3面の総合面です。
総合面は簡単にいうと解説のページになっている。
一面の記事に対して、今までのあらすじや基本設定が書いてある。
頻繁に取り上げられているトピック、大きく取り上げられているニュースを
一歩止まって、どういうことかが書かれている。

企業面では、企業総合面では、ニュースバリューの高い記事、
影響力の大きい記事が載る。
企業1面と企業2面は硬い会社と柔らかめの会社の記事がそれぞれ載る。
硬めとは、製造業や鉄鋼業界、柔らかめとは、百貨店など生活に密着した会社。

企業面の読み方のコツは、「事業展開」、「戦略」、「経営」の3つのポイントを
読み取ってもらいたい。
「事業展開」では、どういった事業を展開しているか。
「戦略」では、この会社はこれからどういうことをやろうとしているのか。
「経営」では、経営が安定しているか、をそれぞれ読み取る。


【まとめ】
その名の通り、日経新聞を読み始めた初心者向けの本(ポッドキャストのまとめ)なので、
全体的な話の難易度はかなり易しいです。

「経済ってそういうことだったのか会議」の前にこっちを読めばよかったな、という印象です。
でもこういう経済など、とっつきにくい分野もとにかく多くの用語に何度も触れることが
大事だと思うので、初心者が覚えておくべき用語もそれなりに出てくる書籍だと思います。
(話は2007年のものなので、古い話が多いですが。。)

僕の中で一番役に立ちそうな情報は、⑨にまとめた日経新聞の読み方です。
前からイマイチどう読んでいいのかわからなかったのですが、
この情報を得たことで、読むポイントが少し絞れそうです^^

上記には僕に向きそうなのだけ取り出したので、あといくつか読むポイントは載っています。

経済を学び始めたい、これから日経新聞を読むぞー!と意気込んでいる方は、
是非、この日経1年生を読んで、日経新聞の読み方を覚えておくべきと思いますね。


↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

washbook

Author:washbook
IT関係の仕事に就くビジネスマン(?)です。
どうぞよろしくです。
お気軽にコメント残してくださいね!

このブログについて
相互リンクについて

ブログランキング

ブログランキングに参加してます!良かったらクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

最近の記事

カテゴリー

リンク

お勧め品

お勧めの品を紹介します!!

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

人気ページランキング

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

最近のトラックバック

サイトリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。