スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説:螺鈿迷宮

海堂尊さんの小説をイッキ読み!
とうとう4作目を読み終えました



バチスタの白鳥・田口シリーズではないですが、
引き続き、桜宮で白鳥など、今まで出てきた場所、メンバーが出てきます。

田口が所属する東城大学病院と同じ街にある桜宮病院で起こる
不思議な死の真相に天馬大吉(新登場)とおなじみの白鳥・姫宮が挑みます。

刊行順は、バチスタ→ナインチンゲール→螺鈿迷宮→ジェネラル・ルージュの
順番になってますが、時系列では、ナイチンゲールとジェネラル・ルージュが
同じ時期で、螺鈿迷宮の話はその約半年後の設定になっています。

他の作品でも登場するAI(オートプシーイメージング)など、
相変わらず著者が現代医療に訴えたい事柄がふんだんに詰まっていますね^^;

その中でも本作は”死”、そして終末期医療にスポットが当てられています。
人はなぜ生きて、死に向かうのか、”死”とは何か?そういったことを少し考えてしまう
お話でした。そしてもうひとつ興味深いのは終末期医療の問題ですね。

お金にならない終末期医療に対する国の考え方、切実な問題、
そういったものがこのお話の根本にあり、今まで全く知らなかった
社会の問題を知るきっかけになりました。
いつか自分もお世話になるだろう医療について、考える機会をもらいました^^

海堂さんの作品全体にいえることですが、そうやって自身の主張を
盛り込みながらもしっかりとしたサスペンス、エンターテイメント性を
持った話に仕立てていることがすごいですね^^;

作品全体を通して、桜宮という仮想の街、人物を作り上げ、
その街、人物を通して、自身の主張を訴えていくというやり方は、
私としても読んで楽しめ、そして新しい事柄を知り、考えるきっかけになりました。

とりあえず文庫化されたのはだいたい読んでしまったようなので、
残りの作品をどうしようか迷い中なのです・・^^;


↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

はじめまして

私もこの作品、読みました!
終末医療については、いろいろ考えさせられますね。
昨日のエチカの鏡でも話題になっていましたが。

応援凸!

はじめ

仕事が忙しく、なかなかコメントできませんでした^^;

そのエチカの鏡、僕も見ました!
死ぬ間際に後悔すること、みたいなテーマでしたが、意外に普通のことができてなくて、後悔するのだなぁ、と思いましたね。結婚とか、子供を育てる、、とか。

普通のことでも日々、一生懸命後悔しないように生活しないと、、ですね^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

washbook

Author:washbook
IT関係の仕事に就くビジネスマン(?)です。
どうぞよろしくです。
お気軽にコメント残してくださいね!

このブログについて
相互リンクについて

ブログランキング

ブログランキングに参加してます!良かったらクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

最近の記事

カテゴリー

リンク

お勧め品

お勧めの品を紹介します!!

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

人気ページランキング

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

最近のトラックバック

サイトリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。