スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌:日経アソシエ 7/7号 思いつきの仮説に飛びつかない

今巻き返して読んでいるアソシエで「今日から使えるMBAスキル」という連載があり、
毎号注目して読んでいます。



7/7号のMBAスキルの連載では、
「幻想の因果関係」について、書かれています。

●概要
原因と結果をつなぐ因果関係を推測される能力がビジネスでは重視される。

「2→□→6(結果)」という列から「偶数の数列(原因)」を想起した人は、
「因果関係を見出す力」を持っている。
素早く因果関係に気付く脳の瞬発力は、今のような時代には不可欠であり、
ビジネスでも「気が利く」タイプとして重宝され、チャンスにも恵まれる。

だが、「因果関係を見出す力」は、時にフライングする。
例えば、先の「2→□→6(結果)」は、「国道の番号」を示している場合など。
このように「偶数の数列」という「幻想の因果関係」を見つけてしまい、
正解の幅を狭めることになる。

因果関係は、時代や環境が変わると新たな因果関係が成立する。
数年前に当たり前だったことは、もはやありえないことになっていることもある。
アップデートを忘れた「幻想の因果関係」がないか、頭の中を点検してみてはどうか。

●所感
まったくその通りです^^;

僕はついついこの「幻想の因果関係」にはまりがちです。
本来は複数のパターンを考えて進めていかなければいけないような場面も
この「幻想の因果関係」にはまって、偏った方向に進んでしまうことが多々あります。

わかっていても・・ってやつですね。。

連載では、「時代・環境の変化」に対応する必要性が指摘されていますね。
確かにその通りで、前提が変わってしまえば、おのずと因果関係も変わってくるはずです。

それ以外に僕が陥りやすいのでは・・?と思うのが、
「ひらめいた」時ですかね。。

何か課題の解決策を考えている時に、「解決策となりそうな案」を思いついた時って、
脳の爽快感のようなものが後押しをして、ついつい前提などの考察が抜けてしまい、
「幻想の因果関係」を認めてしまう気がします。

無駄なこだわり、、という感じでしょうか。。


今回の連載で読んだ記事は、常に意識しておきたいことですね。
この意識で、意思決定の精度は大きく変わってくると思いますからね^^


↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

はじめまして、レバメモのコメント欄に書き込みされているのを見てこちらにも遊びにきました。

たしかに経験から、型にはまってしまう事はよくありますね。案外そういうところに落とし穴があるような気がします。

大変参考になりました。また遊びにきます。

>ぽち さん

コメントありがとうございます^^

自分の経験や型に自信がある程、
落とし穴にハマッてしまうことになる
気がしますね・・^^;

色々な角度の視点やゼロベースの頭で
”自分”を見つめ直す必要ですよね・・

参考となるような記事を書けるよう
がんばりますので、またいらしてください^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

washbook

Author:washbook
IT関係の仕事に就くビジネスマン(?)です。
どうぞよろしくです。
お気軽にコメント残してくださいね!

このブログについて
相互リンクについて

ブログランキング

ブログランキングに参加してます!良かったらクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

最近の記事

カテゴリー

リンク

お勧め品

お勧めの品を紹介します!!

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

人気ページランキング

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

最近のトラックバック

サイトリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。