スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌:週間ダイヤモンド(2) IFRSの襲来

やっと読み終わりました!遅い・・ ^^;
読む前は財務諸表の記載が変わるくらいの認識でしたが、
考え方も違ったんですね・・この時期にこの雑誌に出会えたのは幸いかもしれません^^
と前向きに捉えてみます。



今までIFRSについてはあまり勉強したことはなかったのですが、
改めてこの雑誌を読んでみるとこんな違うものだったのか、
ということを知ることができました・・

そもそも考え方が違います。

大きな違い(雑誌に載ってるままですが、、)は、以下の3つ(①~③)とされていました。
①IFRSは原則主義、日本基準は規則主義
日本基準では事細かに規則が決められており、細則主義とも呼ばれる。
会計基準以外に解釈指針、実務指針、ガイダンスや金融庁のQ&Aなどがあるのに対し、
IFRSでは解釈指針はあるが、詳細な規定や数値基準がない。

そのため、企業自身が議論し、決めていくことが求められることになる。

②IFRSは資産負債アプローチ、日本基準は収益費用アプローチ
③IFRSは包括利益重視、日本基準は純利益重視

名前から根本的に違いそうなのがわかりますが、、

収益費用アプローチは、知ってのとおり、
「収益から費用を差し引いたものが期間損益」となりますが、
資産負債アプローチでは、
「機種から期末まで純資産がどれだけ増えたかを計算(包括利益)」
することになるそうです。

そのため、今のPLも包括利益計算書といったものに変わることになります。

とまあ、なんだか根本から考え方が異なっているということを初めて知りました・・
そして会計処理の変更による業務変更に与える影響も大きそうですね。

そんな業務変更に伴うシステム変更ももちろん発生します。
早め早めの対応をしていかないと大変なことになりそうで怖いものがあります。

継続して勉強していこうと思います。


↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

washbook

Author:washbook
IT関係の仕事に就くビジネスマン(?)です。
どうぞよろしくです。
お気軽にコメント残してくださいね!

このブログについて
相互リンクについて

ブログランキング

ブログランキングに参加してます!良かったらクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

最近の記事

カテゴリー

リンク

お勧め品

お勧めの品を紹介します!!

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

人気ページランキング

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

最近のトラックバック

サイトリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。