スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍:SEの教科書 (1)

たまには基本に立ち返る、ということで読んでみました。非常に良書だったので、2回に分けてまとめていきたいと思います。



【概要】
1.SEの仕事は「人」が9割
SEの定義は必要なく、「SE」に決まった仕事はない。SEの仕事はほとんどが「人」に関するものと言えます。SEの仕事で大切なのは、「使う側と作る側のコミュニケーションをどのように緻密に作り上げるか」ということです。立場が違えば見方も異なり、その積み重ねにより何もかもうまくいかない場合がある。

2.失敗の原因はコミュニケーション不足
開発側にとっては「細かいところほど、とても大事」です。「システムにとって副次的なこと」は、開発にとっても「副次的」とは限らず、大きな脅威である場合もあります。

3.マネジメントが成否の鍵
業務システム開発で最も大切なことは、「Win-Win、納期どおり、コスト内、仕様変更ゼロ、トラブルゼロを実現すると決意し、実現のために自分なりに考え、行動すること」だと考えています。
顧客に提供するのは「システムが稼動した結果のサービス」であって、「システムを作る行動やシステムそのもの」ではないことを再認識する必要があります。
「作る活動の制御」の領域では、PMBOKが大変注目されています。PMの納品物は成功したプロジェクトであり、「プロジェクトの成功」とは「WinWin」を実現することです。

4.コミュニケーション重視の会議術【準備編】
従来型の会議の問題点は、
 ①言った、言わない論争
 ②気に入らない
 ③憶測中心の会議
 ④発言形式の議事録
 ⑤問題指摘型の会議進行

これらの問題を解決する具体的な方法は、
 ・事前の情報収集
 ・収集した情報の管理
 ・素早く情報を表示する
 ・基本的な姿勢としての「リハーサル」

以下の章については、また明日まとめたいと思います。。

5.コミュニケーション重視の会議術【実践編】
6.プロジェクト初期段階の仕事術
7.成果物作成の仕事術
8.顧客業務分析の仕事術
9.設計・実装・テストの仕事術
10.プロジェクト運営の仕事術
11.業務システム開発は「伝言ゲーム」


↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

washbook

Author:washbook
IT関係の仕事に就くビジネスマン(?)です。
どうぞよろしくです。
お気軽にコメント残してくださいね!

このブログについて
相互リンクについて

ブログランキング

ブログランキングに参加してます!良かったらクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

最近の記事

カテゴリー

リンク

お勧め品

お勧めの品を紹介します!!

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

人気ページランキング

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

最近のトラックバック

サイトリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。