スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍:マインドマップ資格試験勉強法(2)

書籍:マインドマップ資格試験勉強法(1)

前回に引き続きこの書籍について書きます。
今回は第2章の内容をざっくりとまとめておきたいと思います。



第1章の動機付けを経て、第2章では具体的にどう勉強していくか
ということが書かれています。

まずは、学習戦略を立てることの必要性が説かれます。

間違った勉強法が紹介され、なぜ学習戦略が必要なのか、
そして「デシラの窓」による”どこをどの程度勉強するべきか”という
学習戦略の考え方が説明されています。

そしてその学習戦略によるゴールへ到達する際のイメージとして、
学習プロセスについて、4段階に分けて説明されています。

そしてここでやっと具体的な勉強法が出てくる。。

本書では記憶のしくみから3ステップ学習法という考え方が説かれます。

人間のインプット情報がアウトプットされるまでには、
「入力→貯蔵→出力」という3ステップがあるそうです。

そしてそれぞれのステップでアウトプットに到達せず、抜け落ちたり、思いだせず
アウトプットできなかったりとアウトプットに至らない原因があるわけです。

本書では、この各ステップでアウトプットまでの弊害となる
原因を克服するための勉強方法が記述されます。

細かい点は省きますが、各ステップの勉強方法では以下のようなものが
本書の中でそれぞれ紹介されています。

入力 → ジグソーパズル勉強法、カンニング勉強法、リンキング勉強法
貯蔵 → ピンポイント勉強法、リピート勉強法、ティーチング勉強法
解答力 → 超スピード復讐法、リカバリー勉強法、記憶術・イメトレ
---------------------------------------------------------

第2章では1章で動機付けしたゴールへ向かうための具体的な
勉強の仕方が紹介されていますが、まだ実践はしていないものの
おそらく資格取得に対して非常に有効な方法が紹介されている気がします。

それぞれの勉強法について、なぜ、どういった目的でこの勉強法を
採用するのかとセットで書かれていますので納得感を持って
勉強を進められる気がします。
逆に自分に必要ない勉強法を選別することもできるということだと思いますし。

人が行動するためには、”コミットメント”が必要になると思っています。
そういう意味で本書で紹介されている資格試験の勉強法は、
動機付けから始まり、各勉強法の意味付けもしっかり書かれているので、
そういった”コミットメント”を持つことができ、実践につながるものだと感じています^^


↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

書籍:マインドマップ資格試験勉強法(1)

今年もいろいろと資格試験に挑戦しようと思っているので、
結果に繋がれば良いなと思い、購入しました。



とりあえず1章を読んでみたところ、
良書のように感じたので何回かに分けて記事にしたいと思います。

まず1章は資格を受けるための動機を明確にするための
マインドマップの書き方が紹介されています。

具体的には以下のマインドマップです。
 ・不合格になった時のデメリット
 ・合格した時のメリット
 ・合格の先にある更に大きな目的
 ・合格のためにできること

この4つのマインドマップを使って動機を明らかにしていきます。

それぞれのマインドマップの例と書く時のポイント、質問が掲載されており、
どんなことをイメージしてマインドマップを書けば良いかが
とてもわかりやすくなっています。

また、マインドマップを書いたことがない人もすぐにマインドマップが
使えるようマインドマップの説明と手順も書かれています。

マインドマップをどんどん使っていくので、まだマインドマップを使ったことが
なくてもすぐにマインドマップを覚えられると思います。
---------------------------------------------------------

とても良書ですね。明日以降で動機から具体的な行動計画へ
落とすところを読んでいきたいと思います^^

1章で私的に特に良いなと思った点は2点です。

(1) マインドマップとは、、
マインドマップの説明の中に、マインドマップは頭の中のイメージを
記述するためのノート術とありました。

これまでそれなりにマインドマップを書いてきましたが、
上記の感覚を持って書いてきたことはありませんでした。
少しマインドマップを書くレベルが上がりそうな気がします。

(2)合格の先にある目的
本書では、資格合格の先にある更に大きな目的のマインドマップを
書くことが紹介されています。
少し以前に講座でこんなことがありました。
というエピソードが載せられていますが、これに少し感動しました。

この合格の先にある目的のマインドマップを書くことにより
自分の本当にやりたいことのイメージをつかめた、というエピソードです。

まだ動機を明確にするマインドマップを書いてないのですが、
私自身、この合格の先にある目的のマインドマップを書くのがとても楽しみです^^


↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

書籍:わかる!管理会計―強い会社はこうして作る!

最近は管理会計関連の仕事が多くなってきたので、ここらでしっかり復習したいと思い、読みました。



たまたま古本屋で手に取った書籍なのですが、
掘り出し物でしたね^^

管理会計について、大枠が捉えられており、
情報量も多すぎず、少なすぎず、といった感じで
多少会計知識があれば、すっと頭に入ってくる内容でしたね。

内容も会計の基本から、コスト、CF、経営計画、予算、月次決算、原価計算と
管理会計の基本がしっかり書かれているので初心者の方から工業簿記を
復習したい方まで幅広い要望に対応してくれそうです。

6月に簿記1級を受けるので、その前に読めたことも
工業簿記・原価計算に役立ちそうなのでとてもよかったです。

会社の状況を外部へ報告するための制度会計
会社内部の状況を経営者が知るための管理会計

どちらも重要なものですが、改善や経営者の意思決定のための
会計なので情報も制度会計に比べ詳細で、かつ会社の状況を
把握するために適した形で表示されていると思っています。

管理会計を知り、会社を知り、しっかり活用するために
ICTで支援できれば・・

と思い、今後もつきつめて勉強していきたいと思います。

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

書籍:スラムダンク『あれから10日後-』完全版

スラムダンク好きとしては、このイベントの黒板に描かれた物語が読めるものが
発売したのは非常に嬉しかったです^^



イベントとは2004年に三浦の高校で行われた1億冊(!)突破の記念イベントのことです。

そのイベントでは、マンガで描かれたスラムダンクの”10日後"が黒板に描かれました。

この"10日後"がやっと”本”という形で発売してくれました^^


がしかし、amazonのレビューにもいろいろ書かれていますが、
1コマ1コマを載せているわけでなく、、
マンガが描かれた黒板の全体を写真で撮影されたものなので、
少し期待と違いました^^;

まあ本の構成はイマイチだったのですが、
中に描かれている物語はやはり素晴らしいものですね。


井上さんのマンガは物語もさることながら、
その絵に魅力、そして迫力を感じるので読んでいると
ついつい物語の世界へ引き込まれてしまうんですよね・・^^;

スラムダンク好きであれば、ぜひ手元に置いておきたい一品ですよ!
本棚には入らないですが・・

テーマ : 今日のブログ - ジャンル : ブログ

ささいなことから

先週のプロフェッショナルの再放送がやっていたので、こんな夜中についついみてしまいました。。

特集されていたのは、血管外科医として活躍される大木隆生さんです。

「世界一喜ばれる人になりたい」という信念・覚悟の下、
多くの困難な治療を成功させてきているそうです。

そんな大木さんも中学生の頃は劣等感の塊だったそうです。

そんな大木さんがなぜ、今は多くの人を喜ばせることができているのか・・

それは、上にも書いた「世界一喜ばれる人になりたい」という信念を持って、
そして多くの患者さんに対する覚悟を持って臨んでいるからだと思います。

中学生の頃、劣等感の塊だった大木さんを変えたのは、
誰にでもあるようなことで、、

得意だった英語を同級生に教えたところ、
大喜びをしてくれたからだそうです。

そんな友人の他愛のない反応で大木さんの劣等感は、
大きな大きな信念になったわけです。

人生は何があるか誰にもわからないものですね^^;

プロフェッショナルHP:
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/090414/index.html

テーマ : 成功をかなえる自分に向かって - ジャンル : ビジネス

お風呂で音楽を・・ juke tower

来月は母の日もあることなので、、

最近、私が買ったもので良かったものを紹介したいと思います。

といっても私自身に買ったものではなく、
彼女への誕生日プレゼントに買いました。
なので手元にはないんです・・T_T
少し使わせてはもらいましたが、、



防水の音楽プレーヤーです。びしょびしょになってもへっちゃらです。
使ってるのを見た感じ、たぶん水に浸かってしまわなければ平気だと思います。

そして何といっても、、

防水プレーヤーの割に”音がいい”んですよねぇ。。
お風呂の響き具合とマッチして良い音を出します^^

後、使いやすいのは、曲のインプットですかね。
USBにmp3形式の音楽ファイルを入れていくだけです。

楽チンだし、入れたい曲が増えても、USBを買いたしたりすれば
曲の容量も気になりません。

ただ、僕は気にしないのですが、少し変わってるのが
曲順がファイルをUSBに入れた順番になるということですかね。
アルバム単位に曲を入れたり、少し順番に気をつける必要はありますよね。

色はピンクにしたのですが、、
完全なピンクすぎでしたね。なので女性でも白でもいいかもしれません。

ということで、、
プレゼントに困っていたら、こんな商品はいかがでしょう^^

母の日のプレゼントなんかにも・・^^

テーマ : 今日のブログ - ジャンル : ブログ

メンタルタフネス

最近、自分のメンタルの弱さを痛感しています・・

少し前までは、少しくらい失敗しても・・とか、
それなりに思い切り良く、調子よくできていたのですが、、

ちょっとしたきっかけですぐに自信を失ってしまいました・・

そんなこんなでメンタルを強くしよう!と決意しました。

まずは、面白そうなサイトを見つけたのでそのサイトで鍛えてみようかと、、

あと、メンタルタフネスの本を購入したので、
これは毎晩少しづつでも読んでいってみようかと思います。
良い内容あれば、またブログで紹介したいと思います^^

--------------------------------------------------------



↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 成功をかなえる自分に向かって - ジャンル : ビジネス

会議・打合せの極意(3):周囲のフォロー

最近の案件で私(会議まとめ)+ 技術者でお客様と打ち合わせや話をする機会が増えました。

そこで感じたポイントを書きたいと思います。

前述しましたが私は技術者として会議に参加するわけではないので
技術的な細かい話になった時に回答するのは私ではなく
その技術者の方がたいがい答えるわけです。

そんな時、質問の意図と少し外れた回答であったり、
うまく答えられない時があります。

そんな時は、別の立場から質問を噛み砕いたり、言い換えたりして
あげると非常に効果的で、技術者もとても答えやすくなるわけです。

私自身もそうですが、
自分が回答者の立場になると、、

 質問に答えなきゃ・・とか
 どう答えよう・・?とか

いろいろ考えてしまうため、意外に質問の意図を
捉えられなかったりしてしまうんですよね^^;
でも少し横の立場から聞いていると落ち着いて質問の
意図を聞けているんですね。

会議をまとめてる時なんかは、そんな周囲のピンチを
スッと救ってあげられると会議も円滑に進みますよね。

テーマ : 成功をかなえる自分に向かって - ジャンル : ビジネス

書籍:ITロードマップ〈2009年版〉 (2)

一気に読むと新しい情報の多さに溢れ返りそうなので、少しづつもう一回読んでみてます。



最近たまに聞くユニファイドコミュニケーションが興味深かったです。

ざっくりと説明しますと、、

携帯電話や固定電話、メールなど、多様なコミュニケーション手段が
私たちの周りにはありますが、そういったコミュニケーション手段を
IPネットワークのプラットフォームに統合し、その時の相手の状態に
最適なコミュニケーションを選択し、コミュニケーションを図れる、
という概念、しくみです。
(あまりうまく説明できませんね・・)

まあ、単純に言ってしまえば、
席を離れてる人のとこに固定電話で連絡しても連絡つきませんよね。

席を離れてるとわかれば、最初から携帯へ電話するでしょう?
ということですよね。そうわかるようにするしくみ、ということですね。


お客さんでこういう仕組みを導入しているところがありましたが、
落ち着きませんよね・・

そのお客さんも
「どこにいてもすぐにばれちゃうんだよ~」
とぼやいていました^^;

こういう技術が進化したら、いつかテレパシーみたいなことが
できるようになってしまうかもしれませんね・・~o~


↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

教えてもらえる人になる ~アソシエ4/21号より

昨日に引き続き、アソシエから学んだことを書いておきます。



今回は、あの”北島康介”を育てた平井伯昌氏の連載記事からです。
平井氏の記事は、水泳のコーチなだけあって、人の育成について書かれています。


今回の記事では、私にとっては実に耳が痛い・・
そんなことが書かれています。

記事のタイトルは、「伸びる社員とは周りが伸ばしたくなる社員」です。

どんな人でも仕事は”一人”でやるわけではありません。

周囲に支援してくれる人、はたまた顧客など、自分を支持してくれる人が
いるからこそ、自分の仕事が成り立つわけです。

ではどうすれば、支持してもらえる人になるか、、

それはやはり人間性であり、礼儀をわきまえる、明るい、感謝の心を持つなど、
人としての基本が挙げられています。

今回の記事では、このような自分が成長するためには、
周囲の人の支援がいること、そのためには魅力のある人間になること。
そういったことが書かれています。

今の自分を見返した時、こういった人間性を養う行動ができているか?
と疑問に感じます。

まずは自分が魅力のある人間になること、
そうすれば周囲からの支援が増え、さらに成長スピードが高まるのかもしれません^^;

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

自分の欠点をみつめる ~アソシエ4/21号より

毎号読んでいるアソシエで、和田裕美さんという方の「キャリアを磨くコミュニケーション作法」
という連載あります。営業職で大きな実績を残された方なので、コミュニケーションに関する
ことを中心によく気づきを頂いています。



今回の記事では、「自分の欠点を見つめることの重要性」について、書かれています。

自分の欠点や改善すべき点を自覚することが、”努力のスタート”になるそうです。

もっとより良い自分になるためには、欠点を自覚すること。
それが”とてつもない大きな一歩”を踏み出すきっかけであると書かれています。

その具体的な方法としては、欠点を書きだして見つめること。
その時には、「できるかできないか」ではなく、「改善したいかしたくないか」、
「どうして改善したいのか」を問いかけることが重要と述べています。

この記事には、とても勇気と自信をもらいました^^

いつも自分がやってることが成長する方法として、
ある程度正しいんだな、と教えてもらいました。

このブログにもよく欠点を書きだしたりしていますが、
それ以外にも無印良品のノートに日々感じた自分の欠点や直したいところ、
思ったこと、そういったことをとにかくいっぱい書きだすようにしています。

この記事を読んで思い返してみると、
確かにそのノートに書き出した欠点はだいたい改善されているか、
改善に向かっていると思いますね^^

記事にもありますが、書き出すことによって、自分の欠点を自覚することができ、
自分のこういう点は改善したい、という”意思”が生まれるのかな、と思います。

とても効果が高いと思いますよ^^

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

書籍:マインドマップ練習帳

だいぶ前に買っていたのですが、やっと開いてみました^^;



初級~中級~上級の3段階で主な内容が書かれており、
初めてマインドマップを使う方から少し使ったことのある方まで使えると思います。

基本的な書籍の構成としては、こんなマインドマップを書いてみよう、
というテーマが与えらえられ、そのテーマに従いマインドマップを書いてみる、
といった流れになります。

初級編は初めてマインドマップを書く方のため、マインドマップのルールを
知るためにマインドマップを書いてみる、といった内容です。

中級編では基本的な使い方を学ぶため、本のレビューや自己分析、ブレストなど、
ちょっと使ってみよう、くらいの気持ちで使うための内容が書かれています。

そして上級編では、仕事中にも少し使えるような内容になっています。
分析や意思決定、アイデアだしなどに使うための練習になります。

全体的に解説が多いわけではなく、こんなマインドマップを書いてみようという
テーマがあるので、実践で使う前にいろいろ書いてみようと思っている方が
使うのに良いと思います。

僕もそうでしたが、最初はいきなり描こうと思ってもなかなか描けないし、
かといって描いてみないと成長しないですからね^^;

そういう意味でテーマが与えられているというのは、
マインドマップを始めるきっかけになると思います

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

ビンクスの酒

最近のお気に入りの一曲です^^
CDも発売直後に売り切れてしまい、やっと昨日手に入れました・・^^;



アニメ ワンピースに出てくる唄ですが、アニメの唄だからといって
侮ってはいけません^^;

日々の失敗でクヨクヨする必要性を忘れてしまう唄です。

明日も勇気を持って生きようとしたくなる唄です。

そして、明日も陽気に生きようと思わせてくれる唄です。


CDの歌詞カードにもありますが、とても年月をかけて作られた唄だけあって、
著者の尾田さんのいろいろな想い、言葉が詰まっていて、非常に良い曲になっています^^

ワンピースの中では、ブルックの想い出の唄でもあり、未来に向かう唄でもあり、
そして友情を誓う唄でもあります。

原作やアニメを見ている方は、このブルックの話と合わせて聴くと
とてもとても感動してしまうと思いますよ^^v

テーマ : お気に入り&好きな音楽 - ジャンル : 音楽

会議・打合せの極意(2):会議の切り込み方

僕はあまり口が達者な方ではないので、
お客さんとの会議で、自分の上司が主で喋っていると、なかなか入れないことがあります。

特にプロジェクトがスタートしてすぐに喋っていかないと、
どんどん喋り出しにくい状態に陥ることが多々あるわけです。

かといって、会議で喋らないというのは、お金を貰っている立場である以上、
あまりよろしくないと思います。

そういう会議などでなかなか話に切り込めないというのは、
やっぱり自分が間違った発言をしたり、とんちんかんな発言をするのを
怖がっているのが主な原因かな、と思っています。

ただそういうことって意外に最初だけで1回話し出してしまえば、
話すことをためらっていたことが嘘のように喋れるようになったります。

そういう時は、まずは”絶対に失敗のない”ことを使って
喋り出すようにしています。

例えば、場所の確認や日程の確認であれば、
ほぼ間違えることなんかないわけですし、、

そうやって小さいながらも少しづつ自分の喋れるように道を作っていく。

そのイメージを持っていれば、新しいプロジェクトに入っても
もう道の作り方を知っているので、また新しい道を作っていけると思います^^

テーマ : 成功をかなえる自分に向かって - ジャンル : ビジネス

良い循環をつくる

最近、よく意識していることは、良い循環、良いサイクルを作るということです。

以前の記事でも少し書きましたが、
良い循環を作ると螺旋のようにどんどん上昇いけると
考えています。

例えば、どういうサイクルがあるか・・?

最近考えてるのは、
「先読み→調査→仮説→先読み→・・」
といったサイクルです。

自分のビジネス分野について、少し先読みをすると
その先読みに基づいて調査をする。

その結果から次のビジネスの仮説を作り、先読みをする・・

というサイクルをイメージしています。

ただそういったサイクルを考えても、サイクルをスタートさせる
起爆剤のようなものが必要になると思います。
きっかけですね。

先読みのサイクルの場合は、昨日に紹介した書籍
そういった起爆剤に当たるかな、と思っています。

なんでも良いので、そんな”サイクル”を意識してみると
自分が成長するイメージが描けると思っています^^;

テーマ : 成功をかなえる自分に向かって - ジャンル : ビジネス

書籍:ITロードマップ〈2009年版〉


自分の関わっている分野がどう進んでいくか、、
先を読んでいけるようになりたいと思い、読みました。


大きくは3編の内容があり、
 ・2008年時点のロードマップ概要
 ・5年後の重要技術
 ・5年後のITを利用した新サービスの可能性
が説明されています。

5年後の重要技術では、最近よく耳にする
クラウドコンピューティングやモバイルブロードバンドをはじめ
6つの重要技術が紹介されています。

それぞれについて、
 ・事例
 ・ロードマップ
 ・5年後の利用イメージ
 ・実現への課題
が紹介されています。

一方、5年後のサービスについては、
在宅勤務やグリーンITなど3つの話が出ています。

こちらも
 ・事例
 ・関連技術の紹介
 ・サービス
 ・ロードマップ
 ・実現に向けた課題
といった内容について、語られています。

5年後に本当に実現するのかどうかは別として、
5年後に社会的にも重要になるであろうIT技術が
紹介されており、今と将来を繋ぐ書籍になっています。

すべてが当たるわけではありませんが、
何が流行りそうか、自分の仕事にどう影響するか、
押さえるべき知識が詰まっていました^^
---------------------------------------------

まだ自分の力では先読みはなかなか難しいところがあるので、
こういった書籍で自分の知識のなさをカバーしています。

本来は、普段から現在の重要技術動向を押さえ、
それが自分のビジネス分野や社会のビジネスへの影響を
”普段から”考えておくことがとても重要になるのだと思います。

この書籍を読んで、そういった現在の自分の”普段のあり方”の
至らない点、改善点が見えたのが一番の収穫だったかも知れません。

なんせ、この書籍に載っている技術や情報をほとんど押さえて
いなかった自分に驚いたくらいです。
上に挙げたようにキーワードだけならそれなりに聞いたことが
あったはずなのに、その中身はほとんどわかってなかったですからね^^;


↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

 | BLOG TOP | 

プロフィール

washbook

Author:washbook
IT関係の仕事に就くビジネスマン(?)です。
どうぞよろしくです。
お気軽にコメント残してくださいね!

このブログについて
相互リンクについて

ブログランキング

ブログランキングに参加してます!良かったらクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

最近の記事

カテゴリー

リンク

お勧め品

お勧めの品を紹介します!!

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

人気ページランキング

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

最近のトラックバック

サイトリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。