スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説:極北クレイマー

久しぶりに小説を読みました。




北の寂れ極北病院へ派遣された非常勤医・今村の病院改革の奮闘と
並行に展開される同病院の産婦人科医の医療事故問題を主軸に展開される物語です。


以前に読んだジーン・ワルツでは名前しか出てこなかった「久広」さんが出てきます。
ジーン・ワルツでは名前だけで謎を残す登場の仕方だったのですが、
その謎は、本書「極北クレイマー」で解けました。

海堂さんの小説は、医療問題にフォーカスしている作品は
興味深い話になっており、ストーリーもよくできているものが多いなぁ、
と前から思っているのですが、この作品も産婦人科や医療事故、地方病院経営といったところに
焦点が置かれており、非常に面白かったですね^^

うちも今、嫁さんが妊娠中なので、
ひとごととも思えない部分が多かったです。



↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

小説:ジーン・ワルツ

久しぶりの海堂さん作品の文庫化です!
海堂さん作品は、ストーリーを楽しむだけでなく、
自分たちの身近な医療を考えさせてもらえます。



顕微鏡下体外受精のエキスパートで
帝華大学医学部助教授の曾根崎理恵。

閉院間近のマリアクリニックを支援し、
5人の妊婦を受け持つ曾根崎理恵は
マリアクリニックを使って、日本の代理母出産の
現状をひっくり返す大きな野望を実現しようと。。


今回の海堂さんのターゲットは、体外受精・代理母出産です。
厚生労働省の改革により壊滅の危機に瀕する地域医療。
その中でも産婦人科医療は、よくTVでもその危機的状況が特集されますよね。

僕もこれからそういった「子供を持つ」ということが
現実的に迫ってくるので、この小説が指摘する問題点というのは、
他人事とも思えないですね。


↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

小説:イノセント・ゲリラの祝祭


田口・白鳥シリーズの続編です。早速、読みました^^
怒涛のように押し寄せる展開に快適に飲み込まれてみました。

 

今までの作品の中でも医療や医療行政の課題を根本に据えて
ストーリーが出来上がってきていましたが、
今作は今までにないくらい医療行政の課題と真っ向から
向き合うストーリーが展開されていきます。

死亡時医学検索をキーワードにストーリーが展開されていきます。
よくドラマで事件が起こると解剖して事件の真相に近づく、、
といったような話がありますが、日本で解剖が行われるのは
死亡した人の中でたった2%だそうです。

その「解剖率2%」を改善するために今までの田口先生の根城である
東城大学不定愁訴外来を飛び出し、医療行政の本丸である厚生労働省を舞台に
話が展開されていくわけです。。


とうとう厚生労働省のお役人を相手に海堂さんの意見・願望・希望を
ベースにストーリーが組み立てられていますが、
今までの東城大学を舞台にした大学病院の問題提起に留まらず、
国の医療行政の問題提起に至っています・・^^;

いつかは自分が向き合う死に対して、
今の「解剖率2%」の現状では、もしかしたら本当の死因は
わからないかもしれない・・という危惧を抱かせてくれる作品でした。

ストーリーは、ジェネラルルージュの凱旋のように「会議」を中心に
展開されるため、その論理展開についていくのが大変でしたね。。
司法解剖やら行政解剖といった用語をしっかりと抑えられていたら
もっと楽しく読めたかもしれません^^;


↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

小説:夢見る黄金地球儀


最近は仕事も忙しいので、息抜きに小説をよく読んでます。
今回も引き続き、海堂さんの小説を読みました^^



今回の作品はいつもの桜ノ宮を舞台にしつつ、
いつもの東城大学や医療系の話とはだいぶ違いますね。

今までのミステリーやサスペンス的な作品とは異なり、
一種のアクション(?)的な作風でした。

役所の陰謀に巻き込まれた主人公が自身の窮地を脱するため、
水族館に飾られた黄金地球儀の強奪を画策する、、
といった話ですね。

正直、今までの東城大学を舞台にした作品に比べ、
全体的な伏線の張り方や事件の真相は少しチープなところがあります。

がしかし、その分テンポの良さが前面に押し出されていて、
状況が目まぐるしく変わり、次はどうなるんだろう?
といった感じでどんどん読み進めていってしまいましたね^^

そういった意味でやっぱりアクション要素の強い作品でした。

そんな作品の中でもやっぱり海堂さんの主張が盛り込まれていましたね。
海堂さんの桜ノ宮を舞台にした挑戦は続くようです^^


↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

小説:ブラックペアン1988

やっと文庫化された海堂尊さんのブラックペアン1988を読みました。

持ち運びを考えて文庫化を待っていたのに、大みそかに買って、
大みそかの夜から元日の朝方に家で読み切ってしまい、文庫化待ちを無意味化してしまいました^^;
それくらい面白くて、一気に読んでしまったわけですね。

 


これまでの作品は、チームバチスタの栄光、ナイチンゲールの沈黙はミステリー、
螺鈿迷宮はサスペンス、ジェネラルルージュの凱旋は・・
と色んなパターンの作品になっていました。

ブラックペアン1988では、過去の作品にたびたび登場し、
田口先生にとっては災難の元となっていた高階先生の過去のお話でした。
(主役は別の人ですが、、)

1988年のバブルから不景気へ移行する時代の東城医大病院を舞台にした
話になっています。他の名門大学から東城医大に移ってきた高階先生により
もたらされた”変化の兆し”は関わる人に多大な影響を与え、
次第に東城医大の外科部門に大きな変化を迫ることになっていくわけです。

高階院長や藤原さん、そして学生時代の田口、速水、島津先生なども出てきて
桜宮市、東城医大を中心にした海堂ワールドは継続されていましたね^^


この作品は過去の作品に比べて、登場人物一人一人の”想い”、”主張”といったものが
鮮明に描かれている気がします。
そしてやはり過去の作品と同じようにしっかりと著者の医療に対する課題、主張が
盛り込まれているのだな、と思います。

こうして小説に現実の課題が盛り込まれると、登場人物を通じて
その課題を身近に感じることができるものですね。



↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

小説:螺鈿迷宮

海堂尊さんの小説をイッキ読み!
とうとう4作目を読み終えました



バチスタの白鳥・田口シリーズではないですが、
引き続き、桜宮で白鳥など、今まで出てきた場所、メンバーが出てきます。

田口が所属する東城大学病院と同じ街にある桜宮病院で起こる
不思議な死の真相に天馬大吉(新登場)とおなじみの白鳥・姫宮が挑みます。

刊行順は、バチスタ→ナインチンゲール→螺鈿迷宮→ジェネラル・ルージュの
順番になってますが、時系列では、ナイチンゲールとジェネラル・ルージュが
同じ時期で、螺鈿迷宮の話はその約半年後の設定になっています。

他の作品でも登場するAI(オートプシーイメージング)など、
相変わらず著者が現代医療に訴えたい事柄がふんだんに詰まっていますね^^;

その中でも本作は”死”、そして終末期医療にスポットが当てられています。
人はなぜ生きて、死に向かうのか、”死”とは何か?そういったことを少し考えてしまう
お話でした。そしてもうひとつ興味深いのは終末期医療の問題ですね。

お金にならない終末期医療に対する国の考え方、切実な問題、
そういったものがこのお話の根本にあり、今まで全く知らなかった
社会の問題を知るきっかけになりました。
いつか自分もお世話になるだろう医療について、考える機会をもらいました^^

海堂さんの作品全体にいえることですが、そうやって自身の主張を
盛り込みながらもしっかりとしたサスペンス、エンターテイメント性を
持った話に仕立てていることがすごいですね^^;

作品全体を通して、桜宮という仮想の街、人物を作り上げ、
その街、人物を通して、自身の主張を訴えていくというやり方は、
私としても読んで楽しめ、そして新しい事柄を知り、考えるきっかけになりました。

とりあえず文庫化されたのはだいたい読んでしまったようなので、
残りの作品をどうしようか迷い中なのです・・^^;


↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

小説:ジェネラル・ルージュの凱旋

田口・白鳥シリーズの第3弾の「ジェネラル・ルージュの凱旋」です。
映画を観て、小説も読むきっかけになったお話です^^



「チーム・バチスタの栄光」、「ナイチンゲールの沈黙」、「ジェネラル・ルージュの凱旋」と
3つを読んできましたが、やっぱり僕はこの「ジェネラル・ルージュの凱旋」が好きですね^^

やっぱり想いを感じる作品ですね。
登場人物の速水を通じて、救急救命やドクター・ヘリに対する想い、
そういったものを感じますね。

また、この作品で不思議なのは、
バチスタ、ナイチンゲールと殺人事件を軸に話が進みますが、
ジェネラル・ルージュでは殺人も起きず、”会議”を軸に謎の真相が
徐々に明らかになってきます。

最初に謎がある点では、ミステリーなのかもしれませんが、、
バチスタ、ナイチンゲール、ジェネラル・ルージュと3作とも
趣きが違っていておもしろい作家さんですね。。

ちなみにこの話は、「ナイチンゲールの沈黙」と同時並行のお話で
時間軸がかなり重なっています。ナイチンゲールの裏側でこんな大騒動が
起きていたのか・・とびっくりしてしまいますね^^;

元々は1つの長編にしようとしていたそうですが、
あまりに長くなり、分けたそうです。。

3作を一気に読んで、医療現場での苦悩、想い、課題、希望と
いろいろと医療について、垣間見ることができた気がします。
いつかお世話になる医療、あるのが当たり前になっていますが、
多くの犠牲、苦悩の上に成り立っているのかも知れませんね。


↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

 | BLOG TOP |  NEXT»»

プロフィール

washbook

Author:washbook
IT関係の仕事に就くビジネスマン(?)です。
どうぞよろしくです。
お気軽にコメント残してくださいね!

このブログについて
相互リンクについて

ブログランキング

ブログランキングに参加してます!良かったらクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

最近の記事

カテゴリー

リンク

お勧め品

お勧めの品を紹介します!!

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

人気ページランキング

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

最近のトラックバック

サイトリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。