スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルセルク


最近、アニメでベルセルクが始まりましたね。

それに触発されて、

以前に全巻捨ててしまいましたが、
再度、全巻購入(38巻・・)し、一気読み。。

やはり黄金時代・蝕までのストーリーは魅了されてしまいますね。

幸福と絶望

描き方がハンパない!







↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・コミック - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : マンガ

小説:白夜行

ブログには書けませんでしたが、けっこう本を読んでいます。
少しづつでもアップしていきます。。




東野圭吾さんの作品は、加賀恭一郎シリーズ、ガリレオシリーズ中心で読んでますが、
この作品が断トツで面白かった。
800ページ超えの分厚さながら、謎が生まれては消え、また産まれるという展開に
読み進める手は止まりませんでした。

様々な登場人物の目線から語られ、徐々に真実が明らかになってくる。
少しずつ真相の断片が語られるので、謎が生まれては解け、
そこからさらに謎が生まれるという展開に目が離せなかったですね。

容疑者となる人物の感情は入らないため、
容疑者たちの心が悲しみでいっぱいなのか、冷たい感情なのか、それとも感情など持ち合わせていないのか、、
そういった想像が作品の幅を広げていると思いますね。

面白かったです。


↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

小説:あるキング~伊坂幸太郎

久しぶりの更新です。仕事&プライベートが忙し過ぎて。。
引っ越し、出産、仕事の納期とてんやわんやで更新どころではありませんでした。。

ということで、少し落ち着いてきて、
久しぶりに小説を読んだので更新です^^




ある一人の「キング」のお話。
不思議な話で、ミステリーでもなく、サスペンスでもない。
でも伊坂さんのいつものテンポの良いセリフとユーモアは相変わらず。
淡々と進む話ながら、淡々とはしない文体が伊坂さんらしいですね。

ストーリーは、、
不思議過ぎて、感想の書きようがない、そんな感じですね^^;



↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

小説:ハゲタカⅡ

前作のハゲタカがおもしろかったので、
続編も読みました。



このシリーズ、僕の中では久々のヒットです!
かなりおもしろいですね。

静の上巻と激動の下巻。

鷲津と芝野の2人の人生がだんだんと絡み合い、
日本を動かしていく様はかなりスリリングで
次はどういう展開になるのか!?
と、読み進めずにはいられませんでしたね^^;

なんとまだ続編があるということで、
次も読もうと思います^^


↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

漫画:ワンピース66巻

でましたねー最新巻。




今回で魚人島編が完結し、とうとう新世界に突入です。

ネットで見ると評価が分かれる魚人島の話ですが、
僕は好き、というかイロイロと考えさせられる話しでした。

魚人を地上の人間が差別の対象としていたというのが、
話の発端ですが、私たちの身近にも起こることがたくさん詰まっている話だな、と。



フィッシャータイガーという「陰」とオトヒメという「光」。
憎しみから生まれた怪物ホーディ・ジョーンズ。

憎しみと希望という相反する感情が魚人島を舞台にうまく描かれていたと思います。



↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

小説:聖女の救済

最近は仕事のストレスが多いので、
鬱憤晴らしに小説を読むことが多くなっていますね^^;

ガリレオシリーズの「聖女の救済」を読みました。




ガリレオシリーズの中でも「容疑者Xの献身」に続く、長編作品です。

このシリーズはドラマになったので知っている人も多いと思いますが、
物理学教授の湯川が主に物理がかかった難事件を解決に結びつくシリーズです。
基本は短編集なのですが、本作など長編物も混じっています。

「容疑者Xの献身」もそうだったのですが、長編物は物理をベースに
事件を解決するというのは少し薄まっている気がしますね。
湯川が論理を突き詰めて事件を解決するのは変わらないですが。。


長編はどちらかと友情もの。
短編では見えない湯川の人間性が垣間見えることが多いです。

本作も湯川と草薙のなんともいえない信頼関係が良いですね^^


事件はある会社社長が自宅で毒を飲み、
死んでいるのが発見されたところから始まります。

最後まで複雑な人間関係、想い、
それらが絡み合い、最後まで事件の真相がわからなかったですね^^



↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

小説:ハゲタカ

以前にドラマを観て面白かったので読んでみました。




バブル崩壊以降の日本の金融業界で躍動するハゲタカ(投資ファンドの社長)、不良債権処理に挑む銀行員、
そして日光の老舗ホテルの令嬢である3人を中心に、90年代末から2000年代初頭の不況の日本を舞台に
それぞれの想いを持ち、再編に立ち向かう姿が描かれています。

私は、舞台となった頃はまだ学生で、しかも社会に疎かったこともあり、
どこまでが本当に日本で起こっていたことかはわからないところも多いですが、
銀行の破綻や中小企業の倒産、不良債権処理など、実際に日本で巻き起こった出来事を
モデルにしたストーリーで臨場感があって、かなり面白い作品でした。

金融というお金が密接にからむ世界から日本・企業を再編する、
それぞれの登場人物がそれぞれのやり方、考え方でそれを成し遂げようとする様が
非常に見応えがあり、ドキドキしてしまいました。


元々、会計系の勉強もしたことがあったので、
言葉もなんとなくわかるものもあったし、金融のお勉強にもなりましたね^^

海堂さんの作品なんかは医療系の問題に突っ込んだ話でしたが、
こっちは金融系の問題にもイロイロ触れられていましたね。

海堂さんは医者、本書の作者・真山仁さんは新聞記者と、
各人の知識が詰まっている作品で考えさせられるもの、
社会に関心が向く内容で好奇心を掻き立てられてしまいます。


ちなみにこの「ハゲタカ」は、「ハゲタカⅡ」に続きます。
本書も上下巻で900ページ以上あったので読み応えがありますが、
まだまだ続くのですね^^;

続きも楽しみな良書と出会うことができました。


↓私の記事を気に入ってクリックして頂けたら幸いです♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

 | BLOG TOP |  NEXT»»

プロフィール

washbook

Author:washbook
IT関係の仕事に就くビジネスマン(?)です。
どうぞよろしくです。
お気軽にコメント残してくださいね!

このブログについて
相互リンクについて

ブログランキング

ブログランキングに参加してます!良かったらクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

最近の記事

カテゴリー

リンク

お勧め品

お勧めの品を紹介します!!

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

人気ページランキング

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

最近のトラックバック

サイトリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。